スムーズに医師転職をおこなうためには、しっかりと良い転職情報を見つけて、応募するといったことが必要となります。

医師募集情報を効率良く集める方法

転職を考えている医師にとっては、まず医師募集の情報をなるべく効率良く集めることが大切なポイントです。転職先の探し方は色々ありますが、最も効率良く情報収集ができる方法は、医師の求人を専門に扱う転職サイトの利用です。

インターネットで登録することができますので、都合の良い時間にアクセスできますので、忙しい医師にとって便利です。登録しておくと、非公開の医師求人情報も得ることができます。一般的に、公開求人と比べて条件が良いことが多いため、希望に添った転職先を見つけやすくなります。

コンサルタントが相談にも乗ってくれるので、効率良く転職先探しを行えます。

医師募集で産業医は人気になっている

あまり聞き馴染みのない産業医という職種ですが、企業につとめている従業員の健康や職場環境などを整え、医師の目線でアドバイスをしたりする職業です。

比較的需要の高まりが見られる職種です。産業医の働き方としては、自分のクリニックを持ちながら、近所の企業で兼務するスタイルや、病院などに勤務医として働くかたわらで兼務する嘱託の立場の人がとても多く、大企業では、専属で勤める医師募集をしているところも見られます。

一企業に勤める従業員と同様の扱いになりますが、勤務時間は固定で17時ごろに上がれるところも多いため、家庭との両立や子育て中の医師などにとっても働きやすい職場といえます。

産業医の医師募集は知り合いに紹介してもらおう

もし自分の友人や、知り合いに一般企業の知り合いがいるのでしたら産業医の医師募集に関してはそういった人に聞いてみるのが一番効率的と言えるでしょう。

なぜかというと産業医は病院が募集している訳ではなく、一般企業から「うちに来て欲しい」と募集がかかるものですので、そういった所に通じていた方が、情報が入ってきやすいのです。ただし企業といっても様々な部署があり、医師募集に全く関係のない部署の人もいます。関係があるとすれば人事もしくは総務でしょう。

医師の募集などに関わっていない人に無理にお願いするような真似はいけません。

医師募集の検索は産業医まで含める

医師募集については、産業医までしっかり含めて考えていくことが望ましいです。含めないで考えていくと、選択肢が狭くなってしまう問題もありますので、なるべく多くの医師求人を見たいと思っているなら含めるようにします。

最初から狙っていない場合でも、仕事内容について確認できるような状況が作られるようなら、安心できるかもしれません。認識の違いなどが起きていると思ったり、実は産業医の仕事が良いものに感じられて、仕事をしてみたいと思うことがあるからです。排除しないように考えていくことが何よりも大事で、選択肢は多く持っておきましょう。

医師募集の関連ページ