スムーズに医師転職をおこなうためには、しっかりと良い転職情報を見つけて、応募するといったことが必要となります。

TOP > 医師転職 > スムーズに医師転職

スムーズに医師転職

医師転職の情報は、一般の求人と違い、特殊なために求人を探すことが比較的に難しいといえます。

転職をおこなう際にスムーズに医師転職をおこなうためには、しっかりと良い転職情報を見つけて、応募するといったことが必要となります。

現在では医師求人の専門のサイトや斡旋企業も多くなってきていますので、まずはインターネットなどで医師募集を探してみてはいかがでしょうか。

以前はこのようなサイトなども無かったため、医局やOBからの紹介が医師転職のカギとなっていましたが、現在ではこういったしがらみとは関係なく、医師の希望を担当者などに伝えておくことで、担当スタッフが希望条件にあった医師求人を探してもらうことが可能です。

また、簡単な登録をおこなうだけで自身でも医師求人を確認して探すことも可能なのです。

この医師転職情報は病院が医師募集の情報が掲載されていますので、常勤だけではなく、非常勤や医師アルバイトなども掲載されていますので、長時間勤務ができない医師や夜勤ができないといった医師も、自身の希望条件を満たす内容の求人を見つけることが可能です。

医師転職の関連ページ

医師転職サイトなら手厚いサポートで就職へ

一般的な転職サイトと異なり、医師転職サイトでは求職者を手厚いサポートで就職へと導いてくれます。求職者には専任の担当スタッフが用意され、面談によって医師としてのスキルと、希望の求職条件をきちんと把握してくれます。

その後、担当スタッフが条件に合致する医師求人情報を検索し、見つかり次第、求職者へと連絡します。激務で転職活動ができない医師の方でも、安心して求人情報探しを行うことができます。

魅力的な医師求人情報が見つかったら、面接の申し込みから、スケジュール調整まで、担当スタッフが代行してくれます。必要に応じて面接に同行し、給与交渉などの手助けを行なってくれる場合もあります。

日本メディカルコネクション株式会社
日本メディカルコネクション株式会社 https://m-connection.co.jp/
医師求人・医師転職・医師募集情報はJMCの転職支援サービスへ。高給の医師アルバイトやスポットの医師バイトにも注目。業界トップクラスの産業医求人数・精神科医求人数を掲載!
JMC医師転職支援サービス
https://dr-ar-navi.jp/
東京本社
〒102-0082 東京都千代田区一番町13-2
名古屋支社
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目11-25

消化器内科、内視鏡の医師転職、大阪府の精神科の医師求人、大阪市内の産業医求人・女性医師転職・非常勤医師アルバイト(医師バイト)、医師のスポット勤務など。

メニュー

ホーム 医師求人 医師アルバイト 医師転職 医師募集

医師転職のミスを軽減する

ミスをしてしまった場合は、再転職という手法も検討しなければなりません。

しかし医師転職の場合は、再転職できるような状況が訪れない可能性もありますので、間違いだけは避けたいところです。以外な方法ではありますが、2つの病院に対して面接をおこなって、内定を取っておく方法もあります。

医師転職でも、内定を取らなければ転職できない状況となっていますので、転職できるところをしっかり把握して、それから良いと思える方だけ選んで転職を決断します。内定を断っても問題ないのは、昔からできることであり、安心して行える方法です。

いろいろな理由で医師転職をしています

医師転職を行っている人はとても多いです。人それぞれの理由で転職をしていきます。生活スタイルの変化、自身のキャリアアップ、理想の医療を発見した等、様々な理由で転職をしていきます。

転職をする理由は医師それぞれですが、インターネットを使い次の就職先を探している方が多いです。インターネットを使用し、転職先を見つけている理由は、インターネットであれば一度に多くの情報を探す事が可能なので、クリニックなど自分が働きたいと思える場所を見つけやすいですし、働いている姿をイメージしやすいので、長期間努めやすくなっています。

医師転職で職場を決める前にしたいこと

医師転職の理由で最も多いのは、家庭や生活事情が多く、大学病院や医局を辞める、離れることが多いです。働き盛りの年代で、子どもが産まれても、子育てに理解のある職場でないと家族との時間がとれなかったり、勤務時間も長く、年齢的や体力的に負担が大きくなるとなおさら転職を考えることが多いようです。

そういった理由で転職をする場合は、次の勤め先の環境をしっかりと見極める必要があります。医師転職の情報サイトを閲覧するだけでなく、自分自身で足を運び現場を見る、医療体制以外にも、勤務体制や子育て世代にやさしい環境であるかどうかなどを事前に確かめましょう。