スムーズに医師転職をおこなうためには、しっかりと良い転職情報を見つけて、応募するといったことが必要となります。

TOP > 医師求人 > 医師アルバイト > 医師アルバイトを探すには

医師アルバイトを探すには

医師アルバイトを探したいと思っている人は、まずは病院の先輩などに聞いてみましょう。

医師バイトは通常のアルバイト雑誌などに出ている可能性は非常に低く、また歯科などですと割とスタッフさんを応募していたりするのですが、それも医師アルバイトというよりはそこで働くというスタイルが圧倒的に多いのです。もし今働いている病院と掛け持ちして働きたいというのであれば、そういった働き方ができる方法を探さなければなりません。

また気になっている病院があるのでしたら、直接電話などをして聞いてみるのも手段の一つです。そういった時のためにも顔は広いことに越したことがありません。

医師アルバイトの良さについて

医師の勤務方法には、常勤医師と非常勤医師があり、非常勤の場合は、医師アルバイトとも呼ばれます。そのメリットとしては、常勤医師と違い自分の空いた日や時間で仕事ができることがまずひとつです。

この働き方は、家庭や自分の時間を優先にしたい医師や、女性医師に比較的人気です。育児や産後にもいい方法で、子供の保育時間に合わせて仕事ができます。また、医師アルバイトはいくつかの病院やクリニックを掛け持ちして働くことも可能であり、多くの疾患や症例に向き合うことで、研究やスキルアップを目指すことができるのもメリットになっています。

時給が高い医師アルバイト

あまり聞きなれない言葉ですが、医師アルバイトはかなり時給が高いですが、常勤医より年収が上になる場合もあるそうです。昔は大学病院に勤めている先生が多く、常勤医としての給与は少なかったために外のアルバイトで収入をあげることで、医師としての給与のバランスを取っていたなごりがあるのではないかと思います。

派遣される病院側もバイトはありがたく、大学病院側に期待した風習があったのだと思います。病院によって医師アルバイトの給与の違いがあると、給料が 多い方へバイトが流れてしまいますので、だいたい昔ながらの慣習で時給は決まっています。

医療業界の労働環境を支える医師アルバイト

医師の健全な労働環境を確保するため、医師アルバイトの導入は必要不可欠といえるでしょう。ただでさえ急患や当直などで労働時間が不規則になりやすいうえ、人員不足で長時間労働となるケースも多発していて、体調を崩してしまう医師もいます。

医師アルバイトの存在は、働く側にもメリットがあります。通常のアルバイトよりも給与が高めに設定されているので、副収入を得やすいということや、症例数を増やして資格取得に役立てられるといった理由から、若手医師を中心に活用している方も多いです。短時間勤務やスポット勤務も多数あるため、本業や家庭とのワークバランスも取りやすくなっています。

実際の医師アルバイトの事情

医師は高収入ですし忙しいイメージがあり、医師アルバイトと聞くとあまりピンとこないですよね。しかし、バイトをしている医師は意外といるようです。なぜバイトをするのでしょうか。

大学勤務よりバイト先の方がスキルを磨ける場合や普段と違う治療方法を経験できる・他の医師の手術をみることができるなど、勉強になるとの意見があります。また常勤務先では感じられない、バイト先のスタッフや患者さんに喜ばれるなど医師としてアイデンティティーを感じてバイトを続ける人もいます。もちろん高待遇で高収入のバイトがあるのも医師がバイトをする理由でもあります。

関連