スムーズに医師転職をおこなうためには、しっかりと良い転職情報を見つけて、応募するといったことが必要となります。

TOP > 医師求人 > 医師求人を考える前に医者になる

医師求人を考える前に医者になる

サイトをみていると医師求人を良く見かけますが、医師になるために必要なものは何でしょうか。誰もが医師求人に応募できるわけではありません。医師として患者の治療を行うには医師の国家資格に合格する必要があります。

また、大学の医学部をきちんと卒業していないと医者になる事ができません。医学部は普通の学科と違って6年間あります。そして卒業後、医師国家試験に合格する必要があります。

更にその後に病院において臨床研修があります。すなわち、研修医なのでこの期間というのは修行のように大変だとも言われています。また、その間に研修医たちはどの診療科を診察するのか決定するようです。臨床研修は2年間あるようです。そして、医師になる事ができます。

医師求人の関連ページ

様々な医師求人の種類と探し方について

医師の求人情報には様々な探し方があり、探し方によって見つかる求人情報も異なっています。

最も一般的な探し方は、医師求人サイトを利用する方法です。求職者登録すれば専属のスタッフが求人情報探しをサポートしてくれるので、忙しい医師の転職活動に適しています。

しかし、求人サイトに寄せられる情報の多くは、民間病院からの求人情報です。大都市の公立病院の求人は医局に、地方の公立病院の求人は、各地域の自治体病院へと寄せられる傾向にあります。民間の医療法人の求人は、医師求人サイトの他、ハローワークなど一般の求人サイトでも募集されることが多いです。

時期によって医師求人は減る

新卒の医師を採用することを考えている時期には、医師求人を増やすようにします。逆にある程度採用できたと思えるような状況が作られているようなら、求人の数を減らすようにしています。

あまり多くの求人を作らないようにして、医師募集人数を制限していくことが、病院の安定感につながっている可能性もあるからです。しっかり対応しているケースがありますので、時期によって求人を見つけづらいように感じると思ってください。

医師求人を多く持っている場合には、当然募集されている人員が多いことに気づいて、早く行動して採用されることを狙いましょう。

メニュー

ホーム 医師求人 医師アルバイト 医師転職 医師募集

企業からの医師求人が増えています

常時50人以上の労働者を雇っている企業では、産業医を選任させ、健康管理させることが義務付けられました。平成26年6月にストレスチェックの義務化が可決成立しました。平成27年12月にスタートしました。結果報告が平成28年4月以降です。

ストレスチェックの実施者は産業医、保健婦、精神衛生福祉士です。そのため企業での医師求人が増えています。産業医は主治医と違います。病気の診断や治療は行いません。医師ではありますが役割が違います。

産業医は労働者であるその人が就業してもいいかどうかを判断します。休職や復職の判断をします。

精神科医への医師求人は多いです

産業医の医師求人は、医師免許を持っていれば、誰でも比較的簡単に採用されると言われていました。特に精神科医の免許がある医師は、採用されやすくなっており、応募すればほとんどの医師が採用されるという現状があります。

産業医は、医師の不足が深刻化しているのと同時に、不眠や鬱などの精神疾患の疑いがある従業員に対しての、健康指導を行わなくてはいけないので、指導をする上でも高い知識を持っている医師の方が指導をしやすいので、精神科医が必要とされています。

精神疾患は体調的に問題があるわけではないので、周囲から理解されにくい病気ですので、患者は一人で抱えてしまい、重症化するケースが多いです。